ケニア カリアイニ250g



◎飲む時は、熱々よりも、ひと呼吸置いて
ちょっと冷ましてから飲むと、香りが良く感じやすくなります。

【風味の印象と特徴】

リンゴやクランベリー、ラズベリーなど
色々なフルーツの風味が特徴で
甘く、後味がとてもすっきりしています。


上品でスッキリしたコーヒーが好き。
という方にオススメしたい、素晴らしいコーヒーです。





【生産国】ケニア
【生産エリア】キリニャガ
【精製所】カリアイニ ファクトリー
【標高】1600m
【生産処理方法】ウォッシュド
【品種】SL28、SL34、Batian、Ruiru11




生産者について
カリアイニファクトリーは1954年にキリニャガ地区に設立されました。

この地域の生産者が1952年にコーヒーの種を植え、
初めての収穫年となった1954年にムイルア農協とその精製所として
カリアイ二ファクトリーがつくられ
当時は植民地下で唯一の精製所で、現在数ある精製所の先駆けとなっています。


この地域は標高1600mのところにあり赤い火山灰土壌が特徴です。
気温は13から26度、年間降水量1100mmとコーヒー生産にとって恵まれた地域です。

ファクトリーでの水洗処理にはRundu(ルンドゥ)川の水が使用されています。
周辺の農家によって収穫されたチェリーはその日のうちにファクトリーへと持ち込まれます。
収穫後24時間以内には果皮を剥き、18〜48時間ほど発酵し水洗した後、
天候によって5日〜30日ほどアフリカンベッドで天日乾燥させ、生産しています。


トップグレードのケニアの持つ、
色々なフルーツの風味を連想させる
複雑な風味を持つこの素晴らしいコーヒーを
ぜひ、お楽しみください。



★コーヒーソルジャーでは【豆のまま】での購入を強くオススメしています。
その理由はシンプルで、コーヒー豆は香りを閉じ込めたカプセルの様な物。
コーヒーをいれる直前に挽くことで、出来上がりのコーヒーの香りが全然違います。
手軽なミルで構いませんので
(できれば電動式ミルがオススメ、それは挽くのが簡単で長続きするから)
1台揃えていただくと、コーヒーの素晴らしい世界が楽しめます。
販売価格
2,380円(内税)
挽き方
購入数