インドネシア アチェ アルールバタ 250g



◎飲む時は、熱々よりも、ひと呼吸置いて
ちょっと冷ましてから飲むと、香りが良く感じやすくなります。


インドネシアのコーヒーは昔からの伝統的な
コーヒー精製方法である
スマトラ式という方法を取っており、
他の産地のコーヒーにはない
独特のスパイシーやハーブなどを連想させる
香りが、とても印象的なコーヒーです。




【風味の印象と特徴】

苦味があり、どっしりとした味わい。
ハーブやスパイスなどを連想させ
複雑な風味が特徴です。



しっかりした苦みのあるコーヒーが好き!!
という方にオススメのコーヒーです。



【生産国】インドネシア
【生産エリア】スマトラ島 アチェ州 タケンゴン
【生産者】約400戸の零細農家
【標高】1500~1600m
【品種】ティムティム、アテン
【生産処理方法】スマトラ式


インドネシアは産地独特のテロワール(栽培環境)
を色濃く醸し出すスマトラ島北部のマンデリン。 

特にその中でもアチェ特別自治州で作り出されるマンデリンアチェは、
その品質の高さと、風味の複雑さで世界中のスペシャルティコーヒー
愛好家に注目されています。

このアルール・バダ地区はアチェ特州の中でも、
もっとも標高の高い1500〜1600mに位置します。

コーヒーの木は樹齢10年前後が多く、樹木に力がみなぎっていることが、
品質テストでも感じることができるほど豊かな風味を醸し出します。 


地区の1〜2ha程度の小農家の取り組み、標高、土壌、
そのすべての環境(マイクロクライメット)が、
フルーツのような柑橘系の酸味、なめらかな口当たり、
そして独特のエキゾチックアーシー(スパイス系の特徴的な風味)
をもたらします。 


収穫されたコーヒーは農家が信頼関係によって結ばれたコレクターに渡され、
ほかの地域と混ぜないように精選工場へ運ばれます。 

その後メダン市にある専用の特別工場にて、比重選別、スクリーン選別を行い、
さらには最終的にハンドピック工程を経てこのスペシャルロットを作りあげました。


ぜひ、この素晴らしいコーヒーをお楽しみください。



★コーヒーソルジャーでは【豆のまま】での購入を強くオススメしています。
その理由はシンプルで、コーヒー豆は香りを閉じ込めたカプセルの様な物。
コーヒーをいれる直前に挽くことで、出来上がりのコーヒーの香りが全然違います。
手軽なミルで構いませんので
(できれば電動式ミルがオススメ、それは挽くのが簡単で長続きするから)
1台揃えていただくと、コーヒーの素晴らしい世界が楽しめます。
販売価格
1,470円(内税)
挽き方
購入数